投稿 | 8月 2019

21 8月 2019

自分で情報収集できますから

私はよく他の人から「何でそんな情報を知っているの?」と聞かれます。「ネットで調べたから」これが答えなのですが、それを言っても納得してくれません。そんな情報は見なかったと言われるんです。

他の人を観察していると、私の調べ方、検索ワードやサイトの見つけ方は、他の人と違っていました。方法は同じでも、ポイントを置いているところが違うようです。私はできるだけ作業を短く、というのが生き方そのもの^^なので、一回の検索で、最も調べたいことをバシッ!と出せるようなワードを使い、サイト説明文を斜め読みしてサイトを見つけています。このように説明しても、他の人は「はぁ~~」と言うだけ。私の周囲の人が情報収集能力が低いのか、私が長けているのかは不明ですが、世の中の多くの人はこのような情報収集が出来る環境にあるため、物を販売している会社は困っているんですよね、物が売れない、競争が激しいと。

SFAはこのような会社を支援できるツールとして注目されています。SFAで見込み顧客の情報を一元管理し、客のニーズの掘り起こし、最適な情報提供サービスができるツールなんですね。


14 8月 2019

高品質で高度な機能があっても

どんなに高品質で高度な機能が備わっているCRMを導入しても、使いこなせる社員でなければ意味が無いと言われています。まあ、そうでしょうね。これは、使えない人を馬鹿にしているのではなく、それぞれのITリテラシーに即したCRMの導入が重要だと言うことです。

というのも、全ての人がITやプログラミングに詳しいわけではなく、営業マンなら人とのコミュニケーション能力に長けていればそれで業務は成立していたはずですから、そこにITリテラシーは関係なかったとも言えます。

このような人たちにいきなり高度なCRMを配布しても負担になるだけなんですね。それよりも、これまでの営業能力を活かせるようなCRMを選ぶことが重要となってきます。

コミュニケーション能力が高い営業マンが多い場合には、顧客の反応を細かに記録できる仕様のCRM。メールをもっと最適化し、それぞれの顧客に合った内容を送りたり。アンケート調査を行い、次につなげたいなどなど、営業マンからの聞き取りによって、どんな機能が欲しいのかを知ることが、幹部の方たちの最初のステップと言えそうです。


4 8月 2019

コミュニケーションの活性化も

SFAを導入したことで、組織のコミュニケーションの活性化できたといった報告が上げられています。情報が可視化されることで、上司も同僚も同じ情報を共有し、やりとりがしやすくなるから。今まで営業の現場は、一人一人の営業マンが自分の営業の現場だけで仕事をしてきました。しかし属人的営業になりやすく、上司も管理しづらい、ミスや漏れを防ぐことができない、といったデメリットが強く、アメリカ式の営業へとシフトチェンジしてきているんです。そしてアメリカで開発されたSFAが、アメリカに遅れること20年、やっと定着しはじめたというわけです。

また、SFAにはSNS機能も入っています。営業マンたちがSFAを使おうとしない場合、連絡手段をこのSNSだけに限定することで、営業マンも上司も仕方なくこのSNSを使い始めるんですね。

すると、意外に使えること、そしてこれまであまり接点を持っていなかった上司や同僚とも、SNS上ではコミュニケーションを取れるようになっていくんです。その後、実際に顔を合わせても、SNSからの流れによって、コミュニケーションは活性化されていくんですね。