15 6月 2019

直ちに成果は出ない

CRMを導入しても、直ちに売り上げの向上といった成果が出るものではありません。半年、一年をかけて試行錯誤しながらPDCAを回し、目に見える成果がちょっとずつ現れる、そう思っていることが大事です。

さらに専門家が言うには、1度や2度、CRMの分析結果を使ってビジネスが成功したからと言って、それが継続して成功していくわけではないと。顧客の属性、その時の状況、世の中の動きなどを総合的に案件ごとに注視しながら進めていくことが必要になってくるそうなんです。こういわれると、CRMを使ってもそんなに難しいことをしなくちゃいけないんだったら、導入しなくても良いのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし、何もしなければそれで終わってしまいます。ライバル企業はCRMを活用し、世の中の動きを見ながら先手先手の営業をしているかもしれないんです。

CRMに丸投げしては思うような成果は出ませんし、努力も必要です。直ちに成果は出ませんが、使わなければ世の中の流れにも付いていけなくなる、そんな危険性もあるということです。


コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*