31 5月 2019

どの施策が有効だったのか、ハッキリします

SFAを使っていると、どういった施策を実行したおかげで商談が成立できたのかを透明化することができます。マーケティング部からの施策の提案、あるいは営業マン本人がSFAを使いデータを元にして施策を行う。

そして実行した後にどの施策が有効だったのか、ハッキリさせることができるんですね。もちろん、一度の成功が全てとは限りません。何度も改善を行ったり、それぞれの顧客に合わせたスタイルとうものも必要でしょう。

しかし、多くの商談を経験することで、自社に合った施策、あるいは業種別とか商品別に分けた施策などの情報を蓄積することで、だんだんとその有効性が見えてくるものなんですね。

SFAは個人で使うものではありません。部署内、あるいは会社全体で共有化できるもの。ですから、自分だけの情報に限らず他の営業マンや部署での情報も一緒にデータとして活用できるわけです。1人分から50人分のデータに増えれば、それだけデータの信頼性も高まるというわけですね。


コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*