投稿 | 5月 2019

26 5月 2019

連携が重要

今使っているグループウェア。入社当初から使っていれば、愛着もあるし何より慣れているということが一番ですよね。しかし上司の一声により、SFAが導入。このSFAとグループウェアに親和性無く、連携できないとしたらどうでしょう。。

SFAの中に備えられている機能でも、同じことは可能。でも使い勝手が悪いので、今使っているグループウェアを結局は使わなくてはいけない。ということは、入力作業は二度手間。スマホだと、画面もいちいち開きなおさなければいけなかったり。そのうちSFAの方は使われなくなってしまう可能性も出てくるんです。

こんなことを聞いていると、連携できるということがいかに大切なのかがわかります。今、どれくらいのベンダがどんなグループウェアとの連携が可能になっているのかはわかりませんが、きっと連携の幅は広がっていると思いますね。そうでないと新しい利用者は増えていかない、他のベンダに客を取られる、といった不安もあるでしょうから。


25 5月 2019

セミナーが開催

SFAをサービスしている会社のホームページを見ていると、SFAに関するセミナーが毎月のように主要都市で開催されているのがわかります。それだけSFAの使い方が難しかったり、使っていてもだんだんとその活用が面倒で放置されていたり。こんな状況ではSFAは広がりませんしサービスしている会社も儲かりませんからね^^ちゃんとSFAの普及、そしてフォローをしていく必要があることをわかっているんですね。

それに、こういったセミナーを開催している会社だと、信頼もできますよね。セミナー開催により、どういった人たちがSFAを今求めているのかがわかります。また、どこでつまづいているのか、何が難しいのか。現場での不安なども直接聞くことができ、それらによって製品そのものを改善することだって可能です。つまり、サービスをしている会社も自社のSFAにこのような情報を蓄積し分析していくことで、ニーズに見合ったSFAを作り上げることもできるわけです。

もしSFAの導入を考えていたら、このような会社を探されることをおすすめしますね。

ksj.co.jp

22 5月 2019

コンタクトセンター向けの新機能

CRMでおなじみのセールスフォース。そのセールスフォースのAI、Einstein。これの新機能が提供されているようですね。私が読んだ記事には、コンタクトセンター向けの新機能が紹介されていました。「優先度などの項目を自動的に埋めてくれる」「クロスセルなどのアクションを提案する」など、これまでにコンタクトセンターのオペレーターが手動で行っていたことや、営業マンが考えて実行していたことを、AI、Einsteinが変わってやってくれるわけです。

知り合いの事務員の人も言っていましたが、とにかくAIの侵攻が怖いと^^小さな会社ながらも、この春以降システムが一新されるそうで、そうなるとAIが搭載されたシステムが入ってくる。社長が新しもの好きでAIの導入に積極的なため、今はまだ良くても5年くらい経つとAIが自分の仕事を簡単にやってしまうようになるのでは、と言うのです。確かにそうかもしれませんね。そのため、AIにはできないことを今から見つけ、自分の強みにしなければ・・と言っていました^^


19 5月 2019

リスト作成からDMの印刷・発送ができるサービス

この一連のサービス、とても便利そうですね。印刷までならまだしも、発送まではセースルフォースのCRMから可能となるんだそうです。発送が出来るサービスというのは「MAPlus Direct Mail」というもの。

Salesforce CRMとネクスウェイのサービスのオンデマンド便サービスというものを連携させることで、実現可能なんだそうです。

メールなどでアプローチしても反応が返ってこなかった顧客に対し、Salesforce CRMを使ってどこの企業にメールを出すのか選び、作成、配信まで出来ちゃうということでしょうか。すでにCRMによって、顧客のニーズに沿ったものの情報を提供しているので、リストアップから発送までを一貫して行えるツールは、営業マンたちにとっても非常に助かるツールになりそうです。

ただ、これだけのことができるようになるには、Salesforce CRMを理解し、使いこなせる技術や知識も必要である、とうことを忘れてはいけませんね。。また、それなりの環境も必要になるため、コストもそれなりに必要になりそうです。


17 5月 2019

攻めない会社を見つけることも

どこの取引先にターゲットを絞りアプローチを仕掛けるのか。この選別が、営業成功のカギになることはどなたでも分かっていること。しかし、最も難しい課題でもあります。そして、この選別をやっているのが管理者と言うわけです。

会社によっては営業マンにお任せ、というところもあると思います。すると、営業マン個人がターゲットを絞る際に頼りになるのがSFAとなるわけです。もちろん、管理者がSFAを助けにすることも有りですが、SFAに実際に情報を入力している営業マンだからこそ、大きなサポートになるんですね。

アプローチする会社を選別、そして戦略を立てる。SFAに蓄積してきた情報を元に、また自分だけではなくて営業部署内全体での情報も見ることができますから、有力な情報を全て取り出し、戦略に組み込むことで確度の高いアプローチ、そして営業が可能となるんです。

さらに、やみくもにアプローチをかけていた場合も、SFAを使うことで攻めない会社を見つけることができます。この会社はしばらくは攻めても無駄、といった情報もSFAから見つけることができるんですね。


15 5月 2019

残業ゼロを実現化

CRMを使うことで業務の効率化が実現すると言われてはいますが、本当にそれができるのか、何が具体的に効率化できるのか、事例を探してみました。

すると、残業がゼロになったという会社があったんです。経緯を見てみると、営業日報をスマホ、タブレットで報告できるようになったため、それぞれの営業マンがどの時刻に営業を終え、日報を提出しているのかが判明したそうです。すると、残業している営業マンが多いことにびっくりしたそうです。そんなものなんですかね~^^その会社では、直帰する営業マンも多かったことで、詳細な営業終了時刻までは把握していなかったとのこと。紙の日報では、一人一人の営業マンのことしかわかりませんが、全ての営業マンの日報を集約し、分析することで、こういった時間の管理も可能となるんですね。

会社としては、日本としても現在残業ゼロへの取り組みは必須とされています。CRM導入当初にはこういったことまで考えが至らなかったそうですが、営業マンたちにとってみれば、業務の効率化、そして残業ゼロへの取り組みを会社が行ってくれるという、嬉しい結果につながったようです。

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/service/sfa.html

13 5月 2019

CRMよりも効果が?

私の友人のある銀行本店での話。両親の時代からその銀行で家の建て替えやマンション購入などの際にローンを組んでいたそうです。

久々に窓口行ってお金を引き出そうとした時、番号札が必要の無い瞬間だったそうで、数人いる窓口スタッフの顔を伺うと、顔見知りのべテランスタッフが。「こんにちは!お久しぶりです」と声をかけてくれたそうです。なのでそのスタッフの元に行き、両親の話なども交えて軽く会話したそうです。そして立ち去ろうとした際、そのスタッフが「ありがとうございました!」と言うと、その周囲のスタッフからも大きな声であいさつがあり、驚いたと^^声があまりに大きかったので。

ベテランスタッフと旧知の知り合いのように話す自分。この銀行と長い付き合いがあった、ということが周囲もわかったため、そんな状況になったのだろうと言っていました。もちろん、大満足だったそうです^^すべての営業をする人が、こんな風に気持ちの良い挨拶をすることができれば、CRMを活用するより効果があるのかもしれませんね。


12 5月 2019

新型リフト券購入システムを導入

皆さんはスキーはされますか?私は・・一度も経験がありません。なので、クリスマスの時期のスキーなんて本当に憧れてしまいます^^大きなクリスマスツリー、飾られた美しいイルミネーション、パウダースノーのゲレンデ。想像だけしかできませんが^^

そんなスキー場に、新型のリフト券の購入システムが導入されたそうです。岐阜県の奥美濃にあるスキー場とのことですが、全国的にも人手不足は解っていますが、スキー場でも同じなんですね。「リフト券をウェブで購入し、セルフ発券機で発券、リフト乗車という無人化されたスマートモデルを実現する」とのこと。すごいですね^^単に自動販売機ではなく、ウェブでの購入というところがミソです。

ユーザーにとってみれば、キャッシュレスでスキーができるということが可能ですし、スキー場側は人手不足解消、そして会員登録によってCRMを活用していくことができるようになります。ここ、非常に大きなポイントですよね。