投稿 | 4月 2019

16 4月 2019

サブスクリプションサービスは今後伸びる?

先日、サブスクリプションサービスを行っているフランス料理店がテレビで紹介されていました。毎月定額の支払いをしていれば、何度でもそのお店で食事を楽しむことができる、という最近注目のサービスを取り入れていました。料理はフォアグラ、オマールエビなど高級食材を使っていて、月に何度も来られてしまったら、かえって破産してしまうのでは?と思ったのですが、実際には支払い続けているものの、そう頻繁には食事に来ない人がほとんどいるんだそうです^^顧客の心理をついた儲かるシステムがそこにはあるんですね~。

スーツを手掛けている会社でも、昨年春ごろからこのサービスを提供していますが、より顧客との接点を強固にするためにセールスフォースのサービスクラウドを活用し、CRMやコールセンターなどを横につなげています。

けど、こういったサブスクリプションサービスが長く利用されていくのか・・。会員制のスポーツクラブなども、毎月の料金だけはとりあえず支払って、という人も多いですからね。今後さらに伸びていくのでしょうか?

4 4月 2019

課題が浮き彫りになることも良いですね

自社が抱える課題をはっきりと見定めるというのは、非常に難しいことです。自社のことなんだから、すぐにみつかるのでは?と考えがちですが、全てのスタッフのところで課題というものがとどまってしまっている場合が多く、それらを全て洗い出すことは、面倒だし時間がかかるし、何より自分のウィークポイントを他のスタッフに知られてしまうことなわけで、あまり良い気はしないものです。

しかしながら、自社の課題を明確に捉えることで、この先どういった補強を行うのか、改善を行うべきかが視えてくるようになります。また、課題が明確になることで、スタッフすべての人の目標が同じものとなり、同じ道を一緒に歩いていくことができるんですよね。そうすると、どこからともなくどういったとをした方が良い、もっと別の路線を考えたら、というように、様々な意見も発掘することができるようになるんです。

課題が改善され、進化したものになれば、顧客は自然とついてくるもの。そのためには、CRMの導入が有効です。