17 3月 2019

後発でも意味がある

「ローソン銀行が「銀行冬の時代」にセブンの後発で参入する理由」というネットニュースが載っていました。

私の住んでいるところには東西200mほど同じくらいの距離にセブンがあり、ローソンはほんの少し離れたところにあるため、どうしてもセブンの利用が多くなります。ATMがとても便利なこと、レジで公共料金の支払いも出来てしまうので、使い勝手も良いんです。なので、ローソンに関する情報が乏しく、ローソンに銀行が無かったのか・・くらいの知識でした^^

では、なぜ今になってローソンが銀行業に参入したのか。キャッシュレス、そしてスタッフの負担軽減、さらにはCRMの効率化、新金融サービス開発までも視野にあるそうです。ローソンってたしか楽天とも近しい関係ですよね?ということは、楽天とつながって新金融サービスを手掛ければ、セブン、ヤフーなどと今後対等に張り合えるかも・・しれません。

現金好きの日本人がどこまでキャッシュレス決済に親しめるのかは疑問、とも書かれていましたが、キャッシュレス化が進んでいるのも現実なんですよね。

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/service/crm-point.html

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*