21 2月 2019

マーケティングからの一貫した分析

営業は、営業をする前のマーケティング、もしかしたらその前の情報収集の段階から始まっているかもしれません。そのため、一貫した分析が必要になると言われているんですね。

その場その場の分析では一過性の効果しか現れず、また本来の顧客心理などを掴むことも難しいでしょう。しかし、最初から最後まで一貫した横のつながりを持ったまま分析をすることで、未来の営業につながるヒントをたくさん集めることが可能となるんです。

そこで重要となるのがSFAです。どこの会社のどんなSFAを使うのか、ベンダーの導入経験、導入数、継続企業の数など、ベンダーの経験やノウハウなどをしっかりと見極めてからSFAを導入することで、期待通りの効果を得ることができます。そして、機能としてマーケティングから営業の最後までを一貫して管理し、分析できる能力、機能のあるものを選ぶことです。

さらに、放置案件や過去に失注した案件についても再度アプローチするような体制を作っておき、SFAにて分析することもおすすめです。

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*