投稿 | 11月 2018

18 11月 2018

2つのシステムを導入

レオパレス21が、今月新しいシステムの導入を行うそうです。イタンジという会社の製品で、まず最初に「ぶっかくん」^^。これは、「物件確認電話に自動応答するシステム」とのこと。不動産会社にかかってくる半数以上が空室の確認なんだそうです。これに営業担当者や窓口の担当者が時間と手間を取られているのでしょう。そこで、ぶっかくんを導入し、自動で応答するそうです。ユーザーとしても、人と話すことが苦手な人には助かりますし、24時間対応というのが嬉しいですよね。間取りをFAXで送ってもらうことも可能になるんだそうです。

そしてもう1つのシステムが「ノマドクラウド」。こちらはCRMの機能のある営業支援ツールで、法人の顧客向けに、問い合わせがあった物件について希望に合う物件の情報を自動で配信できるようになるそうです。

この2つのシステムによって、顧客対応の向上、業務効率化、そして1億7千万円近いコストの削減を期待しているとのことです。

7 11月 2018

意外とあるものです

名刺の管理ツールを使っていれば・・と後悔したこと、ありませんか?

名刺をもらった個人ごとに管理していると、その人だけしかその名刺情報を活用できない、というもどかしい状況があります。もどかしさだけならまだ良い方です。その名刺を全てどこかに置き忘れたり、無くしてしなったらどうしましょう。昨今、名刺など取引先の情報を紛失したり、漏洩してしまえば、非常に大きな問題になってしまいます。名刺だってその情報の一つですから、取引先や担当者にどんな迷惑がかかるかわかりませんし、何より、そんなに安易に自分たちの名刺が使われていたのか・・と、信用自体が危うくなるんですね。

こんな状況に陥らないためにも、デジタルで情報を共有化し、きちんとセキュリティで守られたツールを使うことをおすすめします。

CRM比較