投稿 | 4月 2018

28 4月 2018

これは助かる!

SFAでは、営業日報の記録というのが、最も便利な機能と思い込んでいたんですが、他にも「これは助かる!」といった機能ってあるんですね。

それは、SNS機能。そういえば、お亡くなりになった俳優さんも出ていましたよね。グループを作っておけば、そこで全員が情報共有しながら会話を進めていくことができるというもの。

例えば、A社に翌日アプローチをする予定だけど、その会社に対しての情報が欲しい場合。それこそ日報に書かれているため、それらをチェックすれば良いのですが、日報ってどうしても細かなニュアンスまでは伝わりませんよね。また、誰が情報を欲しがっているのかによっても、情報を持っている人は対応が違うと思うんですよね。

「この人には、私が持ってる情報が役に立つかも!」と感じれば、SNSでその情報を教えてあげることが簡単にできます。日報に載せられなかったこと、別の筋からの情報などもここでアップできますから、本当に良い機能だと思いますね~。

22 4月 2018

ルールは撤廃した方が?

SFAを使って営業行動を管理し、新規顧客の獲得に挑もうとする企業も多いようですが、SFAを活用する営業担当者にとってみると大きな負担を強いられるようですね。

営業担当者は毎日営業日報を入力することになります。すでに、紙で日報の報告を習慣としている企業では、そう負担にもならないようですが、習慣化していない、スマホやパソコンに慣れていない営業担当者には、精神的にも大きな負担になっているとのこと。

また、項目にチェックを入れるだけの日報なら良いのですが、やはりSFAを導入した会社幹部としては、せっかくなら営業のこまかな内容まで入れなさい!と言いたくなるようで、ここも営業担当者としては困るポイントのようです。毎日、そんなに入力することなんて出てきませんよね^^でも、入力のルールが決められているため、担当者たちは大げさに表現したり、嘘の内容を報告したり・・。

こうなるとSFAの導入の意味さえ分からなくなりますよね。営業担当者たちの負担を軽減し、ルールも無し!これくらいのおおらかさでSFAを長く運用していく考えも必要な場合があるようです。

16 4月 2018

出会いの価値を最大化する

Sansanって進化を続けているサービスなんですね。名刺の管理ツールで有名なSansanですが、今月16日にイベントが開かれ、そこではSansanの新機能が発表されたそうです。

少し前にはホームページが新しくなっていたり、最近では個人向けのEightの方がコマーシャルが盛んになっていたり。。そもそもSansanのトップの方の思いは、名刺のデータ化で便利に!ということだけではなくて、「出会いの証である名刺を社内で共有する事で出会いの価値を最大化する究極のプラットフォームを目指している」とのこと。プラットフォームという、土台を作りあげているために、そこに様々なシステムを広げられるんですね~。

たった一枚の、それもあんなに小さなカードが、こんなにも大きな影響をビジネスに与えるなんて・・。

8 4月 2018

もう少し、頑張って!!

連日、パワハラ、セクハラなど、上司が部下、男性が女性・・どの逆など、ハラスメントのニュースがテレビでも取り上げられています。それを聞くだけでも悲しい気持ちになりますよね。。

職場でもこういったハラスメントが起き、辛い日々を送っている人もいるようですが、ハラスメントとわからずに言葉を発していたり、触れている可能性もありますよね。

実は、ある会社の営業マンの方が、新しいシステムが導入され、これって一種のパワハラなんだけど・・、とボヤいていました。SFAの導入だそうです^^

SFAは新規顧客獲得を効率的に進めることができるシステム。それを、営業マンたちの意見を聞くことなく、トップが導入し、今、営業マンさんたちはそれに慣れるために必死だとか^^そのため、営業に時間が取れなくてイライラしていると。

SFAは営業支援のためのシステムですが、最初のうちはいろいろと時間がかかるそうです。でも、使い慣れればきっと良い結果が得られるはずだから、と、とりあえず今は頑張っているそうです^^