投稿 | 7月 2017

31 7月 2017

便利さを体感することから

SFAの導入において大切と言われているのが、営業マンのSFAに対する抵抗感を少なくすること。SFA導入の失敗は、営業マンの負荷が大き過ぎてSFAに対して抵抗感が非常に強くなることが原因のひとつと言われているんですね。

そこでその抵抗感を少なくするための方法として、少しずつSFAの便利さを体感してもらう、どうしてもSFAを使わないといけない状況をつくる、といったことが挙げられています。

多機能であるからこそSFAのメリットを最大限に引き出せるのですが、最初から様々な機能を使いこなすのはさすがに難しいですよね。そこで、簡単に使え、しかも機能の数も少なくしておいて「これなら抵抗無く使えましたよ!」と営業マンの口から聞けるように配慮すること。これが重要なんだそうです。

そして、営業日報、グループ内のコミュニケーションツールをSFAだけに絞る。こうすることで、営業マンは一日に2~3回はSFAを活用することになるので、次第に慣れていくことができるということです。

24 7月 2017

モバイルとの連携によって

営業マンは、常に効率的に仕事を進めたいと考えているのではないでしょうか。ムダな時間は切り捨て、その分1件でも新規の商談を掴みたい、と思っているはず。

なので、スマホやタブレットといったモバイルがビジネスにどれだけ役に立っているのか、一番良く知っている人種かもしれませんね^^

営業支援ツールのひとつ、SFAもまたモバイルとの連携によって広く利用されることになりました。以前はアメリカからやってきた営業支援ツールだけど、日本の営業風土には合わないとか、使いづらいといったことが言われていましたよね。しかしスマホ、タブレットとの連携が可能になったことで、営業マンの大好きな効率化が実現。しかも、毎日疲れて帰社したあとにさらに残業となる日報の記入、というものが格段に減ることになったんですね。いつでもどこでも、移動時間を利用して入力可能となったことで、営業に回れる会社の数も増えることでしょう。

日報だけではありません。取引先が欲しい、といった資料もすぐに取り出せたり、各種申請なども容易にできるようになるんです!

13 7月 2017

なるほど・・

名刺の管理ツールとSFAを比較したコラムがあったのですが、ちょっと思わぬ比較項目があり、なるほどね~と思いました。

私は営業職など一度も行ったことは無いので、このようなことが実際にまたあることに驚いたのですが、取引先への贈り者、接待などがまだ行われているんですね。もう、こんな営業手法は昭和に置いていかれたと思っていたので、本当に意外でした^^

SFAでは、取引先の担当者について、どのようなものが好きで、趣味は何、という風に、個人に絞った情報を入れる項目は無いですよね。でも、名刺管理ツールだとこの辺をうまく使える項目があるとのこと。取引先にご機嫌伺いに行く時、このような担当者の趣向や趣味が分かっていれば、確かにお土産など好感度の高いものを持っていけますからね^^

7 7月 2017

やはりサポート体制がカギを握ります

SFAの導入には多くの難関があると言われています。最初にどこのSFAを利用するのか、コストはどれくらいかかるのか、必要な機能はどのようなものか、営業担当者が使える仕様になっているのか。色々と導入前から決めなければいけないことがあり、それなりの研究も必要ですよね。

さらに、サービスをしている会社のサポート体制にも調査しておいた方が良いようです。導入時には手厚いサポート!と書かれていても、これはあくまで導入時だけのもの。勿論、導入をする際にはシステムの扱い方、機能がどのような結果をもたらすのか、どれくらいの情報を入力しないといけないのか、グループウェアとの連携できる範囲などをサポートが重要となります。しかしここでハイ、さようならでは困るのです。

導入期から運用期までの間、そして数字として何らかの結果が出るまでの間、しっかりとサポートがなされないと、SFAを導入した効果ってわからないんだそうです。サポートの期間、そしてどういった内容でサポートをしてくれるのか、これもしっかりと確認しておきましょう。