投稿 | 8月 2016

27 8月 2016

ゾーホージャパンのCRMがリニューアル『Zoho CRM 2016』

ゾーホージャパン株式会社が提供しているクラウド型CRM(顧客管理/営業支援サービス)『Zoho CRM』は、簡単で使いやすい操作性&低コストで導入運用できるから、中小企業を中心に人気が高いシステムです。そんなZoho CRMが新バージョンとして生まれ変わり、提供スタートさせました。その名も『Zoho CRM 2016』。約50カ所の機能追加や改良が行なわれ、直感的な使いやすさを追求。電話・メール・顧客アンケート・SNS・チャット・Webアクセスなどを通じて顧客とのコミュニケーションが図れると同時に顧客の動向をリアルタイムに把握できます。適切なアプローチが可能になるから、より多くの受注獲得を図れるというわけですね。またメールとCRMを融合したメールクライアント『SalesInbox』も同時にリリースされました。メール効果の最大化を図れるから、営業担当者のビジネス効率/提案力/クロージング能力を向上させられるそう。モバイルアプリの新バージョンもリリースされ、使いやすい新インターフェースで営業担当者をサポートしてくれます。『Zoho CRM 2016』は営業担当者にとって心強いツールとなりそうですね!KnowledgeSuite

6 8月 2016

iPhoneの「標準アプリ」活用法

プライベートだけでなく仕事をする上でも大活躍のiPhone。いつも肌身離さず持ち歩いているというビジネスマンも少なくないでしょう。そこで今回はiPhoneにプリインストールされている「標準アプリ」についてのお話です。使い勝手のいいものも多いけど、中には使い方が分からないものもありませんか?例えば『メモ』アプリ。実はこれメモを残しておくだけじゃないんです。iCloud経由で同じApple IDで紐付けられたiOSデバイスとメモ内容を共有できるんですよ。普通パソコンとiPhone間のファイル共有はオンラインストレージなどを使いますが、メモアプリでもドキュメントや写真などをすぐ共有できてしまうという。またキャリア関係なくiPhone同士なら無料で通話ができるアプリ『Face Time』もあまり知られていませんよね。iPhoneだけでなく、Wi-Fi環境下ならiPadやiPod touchなど通話機能のないデバイスでもFaceTimeでビデオ通話ができちゃうんです。このほか電子書籍や読書に使う『iBooks』も、実はPDFデータを閲覧できる便利アプリなんですよ。Safariで開いているサイトをPDFとして保存できるため、オフライン状態でも内容が確認できるというわけ。以上のように仕事で使えそうな標準アプリって結構あるんです。自分なりの応用術を見付け出すのも楽しいと思いますよ。