13 7月 2016

楽天モバイルが1位に

ICT総研の市場調査の結果では、今年のSIMスマホの利用者数が最も多い企業として第1位に楽天モバイルが入ったそうです。そのシェア17%。次に多かったのはOCNモバイルONEで16.5%とのこと。なんだ、0.5%しか違いが無いんですね^^それでもやっぱり1位は1位なんでしょうけど。

ちなみに次に多かったのはIIJ mioで12.4%、ついでBIGLOBE SIMの9.5%、5番目にmineoが9.1%となったそうです。

SIMスマホの最大のメリットは通信料金の安さ。そのため法人向けのスマートフォンとしても多く利用されています。総務省の主導ということもあり、国を上げて携帯電話の通信料金を安くしてくれるのは本当にうれしいことではありますが、SIMロック解除だけではなくて大手キャリアの通信料金を安くすること、これが最も効果的なんじゃないかな~~って思います。。

「現在、モバイル契約数全体に占めるMVNO契約の比率は7%程度と1年前と比べると2%増加した。」とのこと。総務省としてはこの数をさらに増やしていきたいようですが。。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa.html

コメントはまだありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*