投稿 | 7月 2016

20 7月 2016

企業向けのウェルネスサービスを提供

FiNCプラスというウェルネスサービスが今月の1日から歯科医院向けにスタートしたそうです。このFiNCプラスは、「従業員の満足度向上やリスクマネジメントを目的とした企業向け」のサービスとのこと。法人向けのスマートフォンなどで利用できるようになる、ということでしょうか。

企業でもきっと大企業など、社員の健康を意識している、そしてコスト的にもそのような余裕があるところでしか利用はできないのでは・・と思ったのですが、意外や意外に月に1人500円ほどで使えるんだそうです。これなら中小企業でも負担が少なくできそうですよね。

スマホやパソコンを使って社員は自分の健康状態を確認できたり、栄養士さんやフィットネスのトレーナーなどと直接チャットを使って相談もできるとか。さらには、心理士や薬剤師にも相談できるようになるので、未然に病気を防いだり、病気の早期発見にもつながりそうですよね。

社員一人一人が健康になることで医療費が削減できるのは勿論ですが、企業的にも生産アップにつながるわけで。すると、毎月500円の出費はそれほど痛くないハズですよね。

13 7月 2016

楽天モバイルが1位に

ICT総研の市場調査の結果では、今年のSIMスマホの利用者数が最も多い企業として第1位に楽天モバイルが入ったそうです。そのシェア17%。次に多かったのはOCNモバイルONEで16.5%とのこと。なんだ、0.5%しか違いが無いんですね^^それでもやっぱり1位は1位なんでしょうけど。

ちなみに次に多かったのはIIJ mioで12.4%、ついでBIGLOBE SIMの9.5%、5番目にmineoが9.1%となったそうです。

SIMスマホの最大のメリットは通信料金の安さ。そのため法人向けのスマートフォンとしても多く利用されています。総務省の主導ということもあり、国を上げて携帯電話の通信料金を安くしてくれるのは本当にうれしいことではありますが、SIMロック解除だけではなくて大手キャリアの通信料金を安くすること、これが最も効果的なんじゃないかな~~って思います。。

「現在、モバイル契約数全体に占めるMVNO契約の比率は7%程度と1年前と比べると2%増加した。」とのこと。総務省としてはこの数をさらに増やしていきたいようですが。。

8 7月 2016

『NICE営業物語Smart3』で営業効率を高めよう

株式会社システムズナカシマが提供している営業支援システム『NICE営業物語』はご存知でしょうか。これと連携して使えるiOS向けアプリ『NICE営業物語Smart3』が、去年の4月から無償でリリースされているんですよ(もちろん単品での使用もOK)。営業支援システムをモバイルで使えるとあって、営業活動をより効率的&生産的に行える営業支援ツールだと好評のようです。主な機能は、営業日報や報告書の作成、スケジュール管理、SNSを活用した情報共有など。外出先などからいつでもどこでも営業支援システムが使えるというのは、便利なことこの上ないと思います。何事も忘れないうちにやることが大切ですからね。そしてSmart2からSmart3になって一番変わったことは、「AppleWatchとの連携が可能になったこと」でしょう。AppleWatchでスケジュールを確認したり、簡単な営業報告の作成も可能なんですよ。ササッとスケジュールを確認できるって忙しいビジネスマンには打ってつけですよね。『NICE営業物語Smart3』は営業効率を高め成果を生み出すツールであるといっても過言ではないでしょう。